004至福.jpg

セツ・モードセミナー
(絵画コース&研究科)卒業

〜これまでのざっくりした経緯〜

高校付属の美術大学に行かず外部受験を試みるも、

受験の絵を描いていくうちに

半ばノイローゼのような状態になり受験を断念。

親がもともと長澤節さんを好きだったのもあり、

セツ・モードセミナーに入学することに。

途中でフランス・パリへ。

住んだのは、6区のcherche midi通りでした。

パリらしさあふれる専門店を楽しみ、

グランマガザンでモードを生で眺めていた日々は

今でもとても役に立っている気がします。

(遊んでばかりいましたが!)

帰国後に休学中だったセツに戻り卒業。

 

母と南青山3丁目でアンティーク&雑貨の店

「marmitte」を開きました。

(完全に遊びのような感覚でやっていました・・)

はす向かいに、まだ有名になる前のニコライバーグマンさんが働く小さなお花屋さんがありました。

いい思い出です。

その後2003年頃から

できたばかりの楽天市場にて

インテリア雑貨店MATTA SHOPをオープン。

営業さんから楽天大学(経営セミナー)を受けましょうと

なんどもなんども言われるが断り、我流で経営。

売り上げはどんどん伸びたものの

メーカーの作ったものを選んで販売する、

という変わらぬ流れに次第に飽きてしまいました。

店を辞め、2008年頃からハンドメイドのコサージュやオブジェなどを作りはじめ、銀座のギャラリーや都心部のデパートなどで展示販売していました。

そんなこんなで、結婚をし、子供を産み、

その数年のちの2015年、

この先何をして生きていこう?

と考えあぐねていた際に

もともと一番好きだった絵を描いたらどうなんだろう

と、ふと思いました。

周りに相談したところ、

夫、義母、私の母親は、

それぞれ「描くべきだ!」

と言ってくれました。

背中を押してくれた三人に、

今も感謝しています。

それにしても、

小さな頃からずっと言っていた

「絵描きになる」

という呪文の効果はすごいなと思いました。

一度絵を描くのにうんざりしたはずなのに、

数十年経ってまた蘇るのですから。

人生は、ほんとうにわからないものです。

見てくれる人が幸せな気持ちになってくれればいいな、

と思いながら描いています。